Monkeypod

ホーム > 【現役デザイナーが解説!】Webデザイナーに必要なスキルとは?

【現役デザイナーが解説!】Webデザイナーに必要なスキルとは?

  • ・Webデザイナー必要なスキルを知りたい
  • ・Webデザイナーになりたいけどどんなスキルをつけたらいいの?

今回はこういった疑問に対して現役Webデザイナーの立場で回答していきます。
必須なスキルと余力があれば身につけておくべきスキルとに分けて紹介。

Webデザイナーに必要なスキルとは?

Webデザイナーに必要なスキルとは?

必須なスキル

  • ・デザインの知識
  • ・デザインソフトの操作
  • ・コーディング(HTML・CSS)
  • ・jQuery

可能であれば身につけておくべきスキル

  • ・WordPressのカスタマイズ
  • ・プログラミング言語(Javascript・PHP)
  • ・Webマーケティングの知識
  • ・UI・UXの知識
  • ・サーバーの知識
  • ・Git
  • ・CSS設計

それぞれを解説していきます。

必須なスキル

・デザインの知識

Webデザイナーもデザイナーである以上、デザインの知識が必要です。
デザインにおいて正解はありませんが、理論やセオリーというものは存在します。
知識のみだけではなく、ある程度経験も必要になってきますが、まずは理論を学ぶことで素人っぽいデザインからプロのデザインができるようになります。

また、デザインにはトレンドがあります。知識は一度つけて終わりというものではなく、都度流行っているデザインやトレンドなどを取り入れて知識をアップデートしていく必要があります。

・デザインソフトの操作

デザインソフトの操作やソフトを起動するためのパソコンのスキルが必要です。
Webデザイナーが使うデザインソフトは主にPhotoshopやIllustrator、AdobeXDやSketchといったプロトタイプツールなどがあります。
PhotoshopとIllustratorの違いを簡単に説明すると、Photoshopはレタッチや画像の切り抜きといった加工で使用するのに対して、Illustratorはロゴ制作や紙のデザインといった用途で使用されます。

・コーディング(HTML・CSS)

デザインソフトで作成したデータをWeb上で表現するためにはコーディングという作業が必要になってきます。コーディングに使われるものとしてHTML・CSSがあります。

HTMLはハイパーテキストマークアップランゲージといって、デザインデータの構造を書き記していくもの。
例えば、Web上で表示されている文字はHTMLによって記述されています。

CSSはカスケードスタイルシートといって、HTMLを装飾するために使用されています。
簡単に説明すると文字の色やサイズなどを表現するために使用します。

・jQuery

簡単なデザインデータであればHTML・CSSのみで表現することもできますが、動きのあるWebページを作成することは難しいです。

そんな時に使うのがjQueryで、これを使うとWebページにおける動きを簡単に実装することができます。
例えば、時間で画面が切り替わるスライダーやスクロールでふわっと表示されるような動きなどもつけることができます。

以上がWebデザイナーに必須のスキルとなります。
引き続き、可能であれば身につけておくべきスキルについて紹介していきます。

可能であれば身につけておくべきスキル

・WordPressのカスタマイズ

案件によっては、cmsで構築する場合もあります。cmsはコンテンツマネジメントシステムといって、専門の知識がなくても更新できるもの。
WordPressはcmsの一種でcmsの中ではシェアが高いので、WordPressのカスタマイズができるようにしておくと仕事の幅が広がります。

・プログラミング言語(Javascript・PHP)

jqueryは最悪コピペでも書くことができますが、理解を深めるためにはJavascriptを学ぶ必要があります。

脱jqueryの流れもありますので、Javascriptの基礎を学んでおくと後々スムーズに移行できるかと思います。

WordPressのカスタマイズを行うにはPHPの基礎知識を身につけておく必要があります。
PHPの基礎→WordPressのカスタマイズの順に学ぶことをオススメします。

・Webマーケティングの知識

Webサイトは一度作ってそれで終わりではありません。
デザインのブラッシュアップを行い、Webサイトを改善していきます。
知識として知っておくことでマーケッター、ディレクターとの連携がしやすくなるといった面もあります。

・UI・UXの知識

Webサイトは人間が使うことを想定したデザインを行う必要があります。
ユーザーが押せると思ったボタンを押しても反応しなかったり、ロードが長かったりするとユーザーの満足度に繋がりません。

Webサイトの使い手のことを考えたデザインをすることが必要になってきます。

・サーバーの知識

Webサイトをインターネット上に公開するためにはサーバーの知識が必要になってきます。
高度な知識は必要ありませんが、データをサーバーにアップする、削除するといったことは日常の業務でもよく行うことなので、対応できるようにしておくといいです。

・Git

通常Webの開発は一人で対応するのではなく大人数で行います。
そのような状況で最新データがどれかわからなくなったりすると、探したりするのに無駄に工数がかかってしまいます。
そんなときにデータを管理しやすくするための方法にGitという方法があります。、

・CSS設計

CSSは単純で理解しやすいものではありますが、開発の規模が大きくなればなるほど管理が難しくなってきます。
後からCSSを変更しても他の部分に影響しないように記述したり、他の人が読んだときに理解しやすいように設計の段階から考えるというのがCSS設計です。

まとめ

以上がWebデザイナーに必要なスキルでした。

年々Webデザイナーに必要なスキルは増え続けています。
いまやWebデザイナーはデザインだけを対応していればいいというものではなくなりました。

Webデザイナーを目指していて、これから勉強を始めようと考えている人はまずは今回紹介した必須のスキルを身につけてください。
必須でないスキルは業務等で必要になった際に都度学んでいくという方法が挫折がすくなくて済むのでその方法をオススメします。

プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー