Monkeypod

ホーム > Webデザイナーを未経験から目指すならバイトからという選択肢も

Webデザイナーを未経験から目指すならバイトからという選択肢も

未経験から正社員のWebデザイナーになるのは割と難しかったりします。

自分は幸い未経験から正社員のWebデザイナーになることができました。
しかし転職活動には苦戦しましたし、一時はバイトの求人を探したりもしました。

そこで今回は、「正社員のWebデザイナーになれないのであればまずはバイトからはじめてみるという選択肢もあるよ」という話を自身の経験をふまえて解説していきます。

未経験者がWebデザイナーのバイトで得られるメリット

未経験者がWebデザイナーのバイトで得られるメリット
まずは未経験者がWebデザイナーのバイトで得られるメリットについて

Web制作の現場で経験を積むことができる

Web制作の現場で実務経験を積むことが一番大きなメリットです。
バイトということであまり影響のある仕事は任せてもらえないかもしれませんが、実際の仕事を知っていると知っていないとでは学習するにあたり後々大きな差になってきます。
実際に作業を行う中で他人のデザインやコードを見たりするのも勉強になりますしね。

そしてなによりも実際の業務を経験して、Webデザイナーの仕事が自身に向いているのか知ることにも繋がります。

わからないことがあれば質問できる

Webデザインの勉強をしていれば、当然わからないことが出てきます。
周りにWebデザイナーがいるので、わからないことがあれば質問したりできます。
ネットでも調べることができますが、実際に見てもらって教えてもらうということでより深く理解することができます。

合っていないとわかれば割と気軽にやめることができる

良くも悪くもバイトということで正社員よりも責任が必要ありません。
会社なり、Webデザインの仕事なり、自分に合っていないと感じたら究極やめてしまえばいいのです。
自分に合っていないのに勉強を続けて時間を無駄にするのはもったいないです。
いい意味でも悪い意味でもフットワークが軽いのがバイトなので、そこを活かしていくとよいでしょう。

会社によっては正社員登用の可能性もある

会社にも寄りますが、場合によってはバイトからステップアップして正社員になるという道もあります。
徐々にスキルアップしてバイトから正社員を目指すという方法。
正社員として入社する前に会社のことを知ることができるので、入ってみてブラックな会社だったという事態を避けられます。

時間の融通が効きやすい

バイトは正社員と比べて時間の融通が効きやすいです。
シフトが入っていないときは自身のスキルアップに時間をかけたり、副業としてWebデザインの仕事を受けてみるなどスケジュールを立てやすいです。

未経験のWebデザイナーがバイトで働くデメリット

未経験のWebデザイナーがバイトで働くデメリット
今度は反対にデメリットについても解説していきます。

給料が低い

バイトということで正社員よりも給料は低いです。
例えば週3などのシフトだけで生活するというのは心もとないですし、フルタイムで働いたとしても正社員で働く場合よりも給料が低くなってきます。

実家で生活したり、ある程度固まった生活費を先に用意しておくなどの工夫は必要になってきます。

世間体などが気になる

10代、20代前半であれば気にならないのかもしれませんが、ある程度の年齢でバイトというと周りの目が気になるのかもしれません。

しかしながら30代、40代でバイトの人は普通にいますし、無駄なプライドを捨ててあくまで自分が成長するための期間であると捉えるのがいいと思います。

仕事内容が限定的になる

多くの場合、バイトということで仕事内容がテキストの変更や更新業務など限定的になるかと思います。

本格的なデザイン業務を行いたいのであれば、自身で勉強してできることをどんどんアピールしていくのが大切です。
社員登用を目指すのであればなおさら、できることをアピールしていくとよいかと思います。

未経験でもできるWebデザイナーのバイト求人の探し方

未経験でもできるWebデザイナーのバイト求人の探し方
基本的にバイト募集サイトで未経験可の求人を探すという方法になります。

いろいろなサイトがありますが、一例としていくつか紹介していきます。

大手求人サイト。
IT・Webだけでなく他業種のバイト募集があるので、業種問わず幅広く調べたいときはこちらを利用します。

IT・Web系に特化したサイト。
大手求人サイトでは扱っていないような求人も見つかります。

求人のキュレーションサイト。
幅広く探すことができますが、割と古い情報も多いので更新日には注意した方がいいです。

それぞれのサイトに長所・短所がありますので、どれを参考にというよりも可能であればすべてに登録しておくとよいでしょう。
新規案件が登録されたときにメールで知らせてくれる機能もありますので、有効に活用して興味がある求人に応募していくといいかと思います。

まとめ

今回は未経験者がWebデザイナーを目指すにあたりバイトという選択肢もあるという話でした。

ただ、バイトはWebデザイナーになるための取っ掛かりを作るためには有効ですが、期間が長期化しないようにすることが大切です。
そもそもバイトは給料が低いですし、更新業務だけをやっていてもスキルアップにはあまり繋がりません。
半年ないし、1年以内に正社員のWebデザイナーとして働くことやフリーランスになるという目標を持って、短期集中で取り組むことが大切です。

プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー