Monkeypod

ホーム > 【インターネットアーカイブ】Wayback Machineの使い方

【インターネットアーカイブ】Wayback Machineの使い方

あの有名サービスや企業の昔のWebページを知りたくなったことはないでしょうか?
私個人としては、どういう経緯で今のデザインになったのかなど知りたくなるときがあります。

今回はそんなときに便利なインターネットアーカイブサービス、「Wayback Machine」について紹介していきます。

Wayback Machineとは

Wayback Machineとは、インターネットアーカイブサービスです。
公式サイト

1996年に始まったサービスで、非営利によって運営されています。

データは膨大で、4240億ページものWebページを網羅しています。(2020年4月現在)

Wayback Machineの使い方


検索したいwebページのURLを検索窓に入力します。
※検索ワードでも検索ができます。


すると検索結果のページに切り替わります。
ページ内にはカレンダーが表示されており、アーカイブが存在している日付には丸がついています。


丸の部分を選択すると、アーカイブされたWebページが表示されます。

自分でアーカイブを登録する

あまり機会はないかもしれませんが、自分でWebページを登録することも可能です。

やりかたは簡単。

トップページの右下にある入力欄にアーカイブするページのURLを入力して、「SAVE PAGE」を押すだけ。

するとWayback Machineに登録されます。

アーカイブを削除するには

アーカイブを削除するにはメールにて削除依頼を出します。
日本語に対応していないため、英語での申請する必要があります。

まとめ

昔のWebページを見るとWebデザイナーとしても色々と勉強になりますし、単純に見ていて面白いです。
あの有名サービス、企業が有名になる前のWebサイトはどんなだったのか?などを知りたいときにも便利。

一方、web上に公開したものは残り続けるものなので、公開の際には気をつける必要があると改めて感じさせられるものでもあります。

それでは


プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー