Monkeypod

ホーム > Webデザイナーはコーディングができた方がいいのか

Webデザイナーはコーディングができた方がいいのか

Webデザイナーはコーディングができた方がいいのか

  • ・Webデザイナーはコーディングができた方がいい
  • ・デザインとコーディングは分業しているのでコーディングをやる必要はない

こういった論争は定期的に起こっています。

個人的にはWebデザイナーもコーディングはできた方がいいと考えています。
この理由について述べる前にまずはWebデザイナーやコーディングの定義について紹介していきます。

Webデザイナーは2パターンいる

Webデザイナーは2パターンいる
一口にWebデザイナーと言っても

  • ・デザインのみを行い、コーディングはエンジニアに任せる
  • ・デザイン業務に加えて、コーディングも自身で行う

という2パターンがあります。

会社にもよるのですが、制作会社は分業しているパターンが多いイメージ。
ちなみに、以前自分が在籍してた制作会社ではWebデザイナーはデザインのみでしたが、現在の会社では簡単なJavascriptやPHPなどを含めてコーディングも対応してます。

コーディングの定義とは

コーディングの定義とは
続いて、自分が考えるコーディングの定義について紹介していきます。
Webデザイナーに最低限求められているコーディングの範囲とは下記の通り。

  • ・HTML
  • ・CSS
  • ・jQuery(JavaScript)

HTML・CSS、jQueryに関しては必須で、JavaScriptに関してはjQueryを使うために基礎的な部分のみ知っていればいいかと。
なお、jQueryは簡単で便利ではありますが最近では脱jQueryの流れがあるので、余力があれば他のJSフレームワークも身につけておいた方がいいと考えています。
PHPやWordPressなどに関しても余裕があればできるようにしておくといいですが、基本的にはエンジニアの領域という認識。

Webデザイナーもコーディングができた方がいい理由

Webデザイナーはコーディングができた方がいいのか
Webデザイナーもコーディングができた方がいいと考える理由は下記の通りです。

  • ・エンジニアに実装不可能なデザインを渡す危険性がなくなる
  • ・デザインにおける認識のズレがなくなる
  • ・選択の幅が広がる(仕事の受注、会社探しなど)
  • ・HTML・CSS、jQueryのみの取得であればそれほど時間がかからない
  • ・Webデザイナーに求められていることが増えてきている

それぞれ深堀りして解説していきます。

エンジニアに実装不可能なデザインを渡す危険性がなくなる

Webデザインでもある程度自由に表現できるようになってきましたが、実装が難しい、あるいは不可能という表現も存在します。
レイアウトやフォント、レスポンシブでの動き、IE対応など、Webデザイナーもコーディングについて知っておくことで、コーディングの負担を減らすことに繋がります。
コーディングの負担が減ることで、全体の工数削減にもなります。

デザインにおける認識のズレがなくなる

伝言ゲームがなかなか上手くいかないように、複数の人間が介在することで認識のズレというものはどうしても発生してしまいます。

例えば、ハンバーガーメニューを左側からフェードインしたいと考えていたとします。
しかし、出来上がったデータを確認すると上からフェードインする動きだったというパターン。

同一人物がデザインからコーディングまで実装することでこのような認識のズレはなくなります。
※もちろん仕様を細かく伝えることで認識のズレはある程度解消できます。

選択の幅が広がる(仕事の受注、会社探しなど)

先ほどWebデザイナーには2パターンがあると言いました。
どちらが求められているかは案件や会社によって異なりますが、コーディングができることで仕事の受注、会社探しなどにおいて選択の幅が広がります。
基本的にコーディングができることにはメリットしかないので、どうしてもやりたくないという人以外は対応できるようにしておくことがオススメです。

HTML・CSS、jQueryのみの取得であればそれほど時間がかからない

Webデザイナーはコーディングはやる必要がない、と主張する人の中には習得するのに時間がかかると言う人もいます。
コーディングの学習に時間をかけるくらいなら、その時間をデザインのスキルアップに使うべきということ。

実際にやってみるとわかるのですが、本格的なプログラミング言語とは異なりHTML・CSS、jQueryを取得するだけであればそれほど大変ではなかったりします。

Webデザイナーに求められていることが増えている

コーディングだけでなく、プログラムの実装やサーバーの構築、Webマーケティングなど、年々Webデザイナーに求められていることは増えてきています。
そのため、今後はデザインのスペシャリスト以外はデザインができるだけでは仕事がなくなっていくことが予想されます。

今後Webデザイナーとしてやっていくのであれば、コーディングくらいはできて当然になっておくべきです。

まとめ

今回はWebデザイナーもコーディングはできた方がいいという話でした。

個人的にコーディングはWebデザイナーとエンジニア共通の認識として持っておくべきマナーと捉えています。
HTML・CSS程度の取得であればそれほど時間はかかりませんし、コーディングができることがプラスになることはあってもマイナスになることはないので身につけておくべき技術だと思います。

プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー