Monkeypod

ホーム > 新卒でWebデザイナーになることはできるのか?

新卒でWebデザイナーになることはできるのか?

新卒でWebデザイナーになることはできるのか?
今回の記事は
・現在大学生で卒業後はWebデザイナーになりたい
・高校生でWebデザイナーになりたいけど進学先に悩んでいる
主にこのような方に向けての記事になります。

早速本題に入っていきますが、
新卒でWebデザイナーになることはもちろん可能です。

しかしながら、Webデザイナーは少し特殊な職業。
採用されてからデザインの勉強を始めようという考えではWebデザイナーになることはできません。

下記では「どのように学習を進めたらいいか」や就職活動の進め方など、Webデザイナーになるための流れを解説していきます。

新卒でWebデザイナーになるための流れ

新卒でWebデザイナーになるための流れ

  • ・Webデザインの知識をつける
  • ・ポートフォリオを作る
  • ・クラウドソーシングやインターンで実務経験を積む
  • ・企業に就職する(フリーランスとして働く)

ざっくり紹介するとこのような流れになります。
それぞれを解説していきます。

Webデザインの知識をつける

新卒と言えども、完全にWebデザインの知識なしで採用してくれる企業はほとんどありません。

というのもWeb制作会社はほとんどが中小企業。新人の育成に余裕がない企業の方が多いです。

そのため、Webデザイナーになりたいのであれば、各自デザインやコーディング、Webの知識をつけておくことが必要になってきます。

学習にオススメのサイトや本に関しては下記で紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。
【初心者向け】Webデザインの勉強に役立つサイト・本まとめ

ポートフォリオを作る

Webデザインの知識をつけた後は実際にポートフォリオを作成していきます。
ポートフォリオを作る目的は、知識やスキルのアピールです。
企業は応募者がどのようなレベルなのか確認したいので、あなたがどのようなスキルを持っていて、どのようなデザインができるのかをポートフォリオで伝える必要があります。

完全に理解してからポートフォリオを作ろうと考える人がいますが、ある程度理解したら実際に作成してみるのがいいです。
全てを理解してからというのは非効率なので、作業をするなかで疑問に感じたことはその都度調べるのが効率的。
というか、そもそも全てを理解しているWebデザイナーはいません。

クラウドソーシングやインターンで実務経験を積む

知識をつけてポートフォリオを作成した後は、Webデザイナーとしての実務経験を積んでいきましょう。

実務経験を積む方法としては

  • ・インターンやアルバイトとして企業で働く
  • ・クラウドソーシングでデザインの仕事を探す

これらの方法があります。

方法はどちらでもいいですが、可能であればインターンやアルバイトとして企業で働いてみるのがオススメです。
理由はWebデザイナーの仕事は一人で完結するものではないため。
例えば、コーディング一つを取っても、人の書いたコードに追記したり、修正したりといった作業が必要になってきます。

他人の仕事を見ることでデザイナーとしてのスキルアップにも繋がります。

就職活動を行う

実務経験を積んだ後はいよいよ就職活動に取り掛かります。
インターンやアルバイト先に就職するのもいいですし、新たは企業を探すのもいいです。
新卒者向けの採用サイトでWebデザイナーの求人が見つからない時は、中途採用者向けのサイトで探してみるといいでしょう。

まとめ

新卒と言えども、完全に知識0でWebデザイナーになることは難しいです。
しかし年齢が若い分、未経験からWebデザイナーを目指すのであれば、30・40代から目指すよりもハードルが低いのはメリットではあります。

プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー