Monkeypod

ホーム > Webデザイナーの求人における「未経験可」とは

Webデザイナーの求人における「未経験可」とは

  • ・Webデザイナーの求人で「未経験可」とあるけど、どのレベルなら受けてもいいの?
  • ・Webデザイナーの求人で「未経験可」に求められていることって何?

今回はこういった疑問に現役のWebデザイナーが回答していきます。

Webデザイナーの求人における「未経験可」の意味

Webデザイナーの求人における「未経験可」の意味
結論から言うと、Webデザインの知識を持っていることが最低条件です。
実務経験に関しては、「未経験可」ということでなくても大丈夫。

Webデザイナーに限らないのですが、IT業界は基本的に人手が足りていないのでよく「未経験可」で求人を募集しています。
それはより多くの人にアクセスするためです。
しかし、その情報を鵜呑みにしてデザインの知識なく応募しても基本的には落とされます。
経験なりポテンシャルを評価されて採用される場合もあるかもしれませんが、採用されることは基本的にないと考えていいでしょう。

「未経験可」のWebデザイナーの求人に応募するためには

「未経験可」のWebデザイナーの求人に応募するためには
先程の繰り返しになるのですが、まずはWebデザインの知識やスキルを身につける必要があります。
必要な知識やスキルとは、最低限Photoshop・Illustratorなどのデザインソフトの操作とHTML・CSSです。

そしてWebデザインの知識をつけた後は、スキルをアピールするためにポートフォリオサイトを作成しましょう。
ポートフォリオの内容としては、持っているスキルと制作物、その他に何かアピールできることがあれば盛り込んでおくといいです。

採用の確率を上げるための方法

採用の確率を上げるための方法
Webデザインの知識をつけてポートフォリオサイトを作成するというのが基本の流れになりますが、Webデザイナーとして採用される可能性を上げるための方法を2つ紹介します。

  • ・就職支援付きのWebデザインのスクールを受講する
  • ・Webデザイナーとしての実務経験を積む

・就職支援付きのWebデザインのスクールを受講する

前提として、スクールを受講せず完全独学でもWebデザイナーになることはできます。事実私はすべて独学でWebデザイナーになりました。

しかし、完全独学で困るのは就職活動で悩んだときに相談できる人がいないこと。
周りに相談に乗ってくれる人がいればいいですが、そうでない場合は不安になるかもしれません。

Webデザインのスクールの中には就職支援をしてくれるところもあるので、そういうスクールを利用するといいです。
就職活動をサポートしてくれる環境が整っている点にメリットがあります。

・Webデザイナーとしての実務経験を積む

こちらはスクールに通う通わないに限らず、余力があればやっておいた方がいいです。

Webデザイナーになるために就職活動をしているのに実務経験とはどういうことと思うかもしれません。
しかし、今はクラウドソーシングを活用することでWebデザイナーとしての実務経験を簡単に積むことができます。
このようなサービスを利用して実績が作っておくことがオススメです。
ダミーサイトなどではなく実際にデザインの仕事を受けてみることで、Webデザイナーの仕事に対する理解も深まります。

クライアントに確認して可能であればポートフォリオサイトに実績として公開するというのもありです。

まとめ

Webデザイナーになるためには資格を取る必要はありません。
これといった明確な基準がないからこそ、「未経験可」と言われてもどのレベルなら受けてもいいのか分かりづらいのが現実。

これを言ってしまえば元も子もないですが、基準に達しているのかどうかわからない場合はとりあえず応募してみてもいいのかもしれません。
企業の求める水準に達していなければ書類で落とされますし、そこから現在の自分のスキルを知るきっかけにもなります。

今回の内容がWebデザイナーになりたいと考えている方の参考になれば幸いです。

プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー