Monkeypod

ホーム > Webデザイナーになるには【独学の進め方を解説】

Webデザイナーになるには【独学の進め方を解説】

Webデザイナーを目指すにあたり多くの人が悩むのは、スクールを利用するか独学で学ぶかの選択ではないでしょうか?

私は独学でWebデザイナーになったので、今回は独学でデザインを学ぶ手順や学び方について解説していきます。

独学でデザインを学ぶ手順

1.本やWebサイトで知識をつける

Webデザイナーになるには、デザインの知識のほかHTML・CSSなどのコーディングスキルも必要です。

初学者向けの本やWebサイトが出ているので、これらを使って学んでいきます。

オススメのサイトと本については、こちらの記事でまとめているので参考にしてみてください。

独学で学ぶ際に注意したいのは、実際に手を動かしてみること。
読むだけ、聞くだけよりも実際に手を動かすことで理解が深まるので、学んだ通りにやってみて自分のものにしていきましょう。

2.デザイン模写

いきなり自分でデザインを始めてもいいのですが、まずは実際にデザイナーによって作られたものを模写してみるのがオススメです。

なおその際は、PhotoshopやIllustratorを使いましょう。
ツールの使い方を覚えるのも、デザイン模写の目的の一つです。

真似しながら手を動かすことで、デザインのパターンやよくある表現について学ぶことができます。
本やWebサイトを使って学んだことを復習しながら取り組んでいきましょう。

数をこなしていくとわからないことでてきますので、その都度本やWebサイトで調べて知識をつけていきます。

3.実際にサイトを作ってみる&クラウドソーシングサイトで仕事を受注する

Webデザイナーになるためには、ポートフォリオサイトが必須です。
自身のポートフォリオサイトを作成したり、クラウドソーシングサイトを利用して実績を積んだりしましょう。
実際に報酬が得られることで、制作のモチベーションにも繋がります。

登録しておくといいクラウドソーシングサイトは、ランサーズとクラウドワークス。
こちら2つのサイトは募集案件も多いので、登録しておくといいです。

オススメの案件はバナー制作とLPなどのコーディング案件。
コンペでは案件が採用されなくてもなぜ採用されなかったのか、採用されたデザインの何がよかったのかなど考察して改善していくことが大切です。

4.就職活動

作成したポートフォリオサイトやクラウドソーシングで得た制作実績を使って、就職活動を行っていきます。

Twitterで作成したものを公開しておいたことで仕事の受注に繋がる場合もあるので、SNSで発信していくことも大切です。

まとめ

改めて独学でのWebデザインの勉強の流れを挙げていきます。

1.本やWebサイトで知識をつける
2.デザイン模写
3.実際にサイトを作ってみる&クラウドソーシングサイトで仕事を受注する
4.就職活動

基本的にはこちらの流れで進めていくといいです。

なお、初めから全てを求めるのではなく、わからないことはその都度調べていく方がいいかと思います。
ベテランのデザイナーでもわからないことはありますし、実際の業務では調べて解決していくことが求められるためです。

これからWebデザインの勉強を始めようと考えている方の参考になれば幸いです。


プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー