Monkeypod

ホーム > Webデザイナーとは【現役デザイナーが仕事内容について解説】

Webデザイナーとは【現役デザイナーが仕事内容について解説】


Webデザイナーの仕事に興味がある方の中には、実際にどのようなことをしているのか気になる方も多いでしょう。
そこで、今回はWebデザイナーの仕事内容について紹介していきます。

Webデザイナーの仕事内容

バナーや素材の作成などの小規模なものから、Webページの制作やLPデザイン、ロゴデザインなど幅広く担当します。

Webページの制作を例にデザイン業務の流れについて紹介していきます。

ディレクターから依頼を受けて、デザインのラフを作成していきます。
クライアント先に同行して、打ち合わせの段階からプロジェクトに関わっていく場合も。

デザインのラフが完成しデザインの方向性が決まると、本格的にデザインに取り掛かります。
その際に使用するのは、Photoshop・Illustratorなどのグラフィックソフトや、Sketch・figmaなどのプロトタイピングツールなど。

デザインが完了すると、コーディングに移ります。
HTML・CSSやJavascript、場合によってはPHPなどを使用してコーディングを行います。
こちらの業務はコーダーが担当している場合もあります。

コーディングが終わりデザインチェックを経て納品。

Webページの制作におけるデザイナーの仕事の流れは基本的にこのような形。

事業会社・制作会社・フリーランスでのWebデザイナーの仕事内容

また、Webデザイナーと一概に言っても、事業会社と制作会社、フリーランスの大きく3つのパターンに分類することができます。

これから、この3パターンについて深掘りしていきます。

事業会社での仕事について

どちらかというと、制作会社と比べて一つの事業にじっくりと関わることができます。
デザインを作成して終わりではなく、効果検証をもとにデザインの改善などに取り組みます。
制作会社でも効果検証を行いますが、こちらの方が腰を据えて取り組むことができる傾向。

そのほかに、自社サービスの広告素材や素材、会社の配布物などの作成なども担当します。

制作会社での仕事について

主にクライアントから制作の依頼を受けてデザインを担当します。
制作会社によって得意なジャンルのデザインがありますが、基本的には幅広い対応が求められます。
多くのデザインに関われるので、色々なジャンルのデザインしたいという人には向いています。

フリーランスでの仕事について

時間・場所関係なく、自由に働くことができるのが最大のメリット。
どのような案件に取り組むかは個人のスキルや営業力に寄るところが大きいです。

過去の仕事のつながりなどから仕事を受けるほか、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを利用して仕事を受注する方法もあります。

まとめ

最後に改めて今回の内容をまとめてみます。

一つの事業に深く取り組む:事業会社

様々なデザインに取り組む:制作会社

時間・場所に縛られることなく自由に働く:フリーランス

このようになります。

なお、あくまで個人の意見ですが、駆け出しのデザイナーがはじめからフリーランスになるのはオススメしません。

すぐに仕事を受けられるわけではないし、営業などデザイン以外の作業に時間がとられてしまうためです。

残念ですが、個人はまだまだ会社として受けるよりも安い単価の仕事が多い傾向。
会社に所属してデザイナーとして働く方が収入も安定しますし、周りのデザイナーからアドバイスを貰うことでデザインのスキルアップには繋がりやすいです。

そこで私がオススメしたいのは、会社に所属しつつ空いた時間でランサーズクラウドワークスなどで副業を行うこと。
報酬が得られるだけでなく、デザインのスキルアップにも繋がります。

とりあえず登録しておけば、気になった案件に応募できるので便利です。

参考になれば嬉しいです。

それでは!



“"

プロフィール

profile_image

Mito

 

旅行とネットが好きなWebデザイナー。ブログを書いたり、書かなかったりします。

カテゴリー